coco changeについて

わたしたちは、コミュニティ・オーガナイジングという課題解決の手法を軸におき、社会を変えられる力が一人一人にあると伝えて、実際にその人が立ち上がり自走出来るようにサポートします。

これまでNPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン(以下、「COJ」という)の支援をいただきながら、ワークショップや勉強会を自主開催してきました。その中で培ったコミュニティ・オーガナイジングの手法を軸に、今後もCOJと連携しながらNPO法人として地域での実践を展開していきます。


設立趣旨

 2016年9月にコミュニティ・オーガナイジング(以下、「CO」という)ワークショップを2日間受講し、市民の力で自分たちの社会を変えていく手法を学びました。そのワークショップを機に、さらに多くの人々にCOという手法を知ってもらいたいと考え、任意団体「コミュニティ・オーガナイジング・久留米(以下、「COK」という)」として活動を始めました。

 これらワークショップへは、フリーランス・行政・企業で働く人・学生など様々な社会問題に取り組む、異なる属性の市民が参加しています。この人々との出会いを通じ、多様な価値観・社会問題・ニーズへの対応が求められる現代社会において、リーダーの力だけではなく、その問題を解決したいと思う人々の力や思いの結集こそが最も解決の本質を掴むものであり、改めてCOという手法は有効なのではないかと認識しています。

 これまでCOKとして、3回のフルワークショップを開催、また、COフルワークショップ受講者向けの月1回の勉強会やファンドレイジング協会、ファシリテーション協会九州支部及び久留米市社会福祉協議会からはテーマを絞ったワークショップのご依頼をいただき、慌ただしく動いてきました。
加えて、地域の面的なものとしても、筑後地区で活躍する街のプレーヤーに共有言語を持つきっかけを提供したことで、分野・地域・立場を超えて協働する土壌を醸成することができました。

 今回、法人として申請するに至ったのは、当団体の目的が営利目的ではなく地域の課題解決を担う多くの人々の一助になりたいという趣旨から、団体基盤を安定させ活動をより効果的に行うために特定非営利活動法人格を取得することが最適だと考えました。法人化することによって、COを先進的に実践している全国のリーダー達とともに組織を発展させ、団体としての社会的地位も確立することができます。

 新たな組織として今後も、団体としての思い「わたしたちは、COという課題解決の手法を軸におき、社会を変えられる力が一人一人にあると伝えて、実際にその人が立ち上がり自走出来るようにサポートします。」を実践していきます。
さらに名称も「coco change」(名称由来:①一人一人が変化になれる・②ここから始める・③個々にも力があるという思いを表現しています。私たち自身も一歩を踏み出し変化となりたい、立ち上がりたいと思っている人の希望になりたいという思いを込めています。)に改名し、地域社会に広く貢献したいと考えています。


ロゴの意味:個々の小さなアクションがそれぞれの存在を活かしあい嬉しい未来を創る。
色:Teal Green
制作:F branding port 木村真也 氏


経緯

2016年9月COフルワークショップ受講
2016年9月COK設立
2017年3月COKとして初のフルワークショップ主催
2017年9月3回目のフルワークショップ開催
2017年12月4回目のフルワークショップ開催
2018年1月ファンドレイジング協会九州チャプターへの講師派遣
2018年2月久留米市社会福祉協議会ワークショップへの講師派遣
2018年3月ファシリテーション協会九州支部ワークショップへの講師派遣
2018年5月発起会を開催し、特定非営利活動法人の設立準備を開始
2018年8月設立総会を開催
2018年10月5回目のフルワークショップ開催
2018年11月特定非営利活動法人認証取得

組織概要

法人名:特定非営利活動法人coco change
所在地: 〒830-0042 福岡県久留米市荘島町17番1号 
E-mail: coco@cocochange.com
設立:2018年8月6日
法人格取得:2018年12月

理事

吉田(廣岡) 睦(代表理事)
國武ゆかり(副代表理事)
山本奈穗子
他2人

監事

井上広之(認定特定非営利活動法人ソルト・パヤタス事務局長)

正会員(50音順)

荒川隆太朗
井上広之(特定非営利活動法人coco change)
上原敬子(特定非営利活動法人coco change)
大熊智子(特定非営利活動法人coco change)
葛巻 徹(特定非営利活動法人いわて連携復興センター代表理事)
國武ゆかり(特定非営利活動法人coco change)
髙 橋紀子(臨床心理士・福島大学特任准教授)
松尾博子(gocochi代表)
室田信一(特定非営利活動法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン代表理事)
山本奈穗子(特定非営利活動法人coco change)
吉田(廣岡)陸(特定非営利活動法人coco change)


インタビュー

正会員葛巻氏によるcoco chage理事へのインタビュー記事を掲載させて頂きました。(2018.11)

●わたしたちがワークショップを受けてどう変化したか?
自分達の業務、活動の中でそのエッセンスを活用し、「バラバラだったチームが一つになった」「ゴール設定の時間管理により会議など効率的になった」「自分の組織以外との関係づくりがスムーズになった」などこのワークショップの効果を体感しています。

●これまでワークショップを4回主催(140名以上受講)し、地域にとってどんな変化があったと感じているか?
地域に、本当にただの知り合いでない仲間が増えました。ワークショップの中では自分の価値観や経験を共有します。また正直楽なワークショップではないので、受講後の一体感が高まります。実際、このワークショップを受講した方同士で色々なプロジェクトをご一緒したりしています。共通体験により、みんなが活動する上でのネットワークができていると実感しています。

●今後のcoco changeの活動イメージについて
コミュニティオーガナイジングも一つの手法にすぎないので、他の手法も活用しつつ自分で立ち上がりたいと思っている方の勇気を応援したいと考えています。商工関係の方など、まだご縁が薄い皆様にも受けて頂き、このワークショップから広がるネットワークをぜひ活用してもらえたらとイメージしています。また、COを先進的に実践している全国のリーダー達とともに組織を発展させていきたいと考えています。