【レポート】オンライン読書会#3

【オンライン読書会#3開催しました!】

本日初参加のTちゃんは、coco changeの講座参加をきっかけにイベントを見つけてくださったそうです。
オンラインでふたたび繋がることができて、とっても嬉しいです♡

読んだ本の内容よりもキーワードから広がる妄想で盛り上がったり、仕事や子育ての悩み相談をしたり、小説ってどのくらいで書けるの?(実は作家さん!!)なんて話しも出たり。あっという間の楽しい時間でした。

▼みんなが読んだ本はこちら
・『ストレスの9割はコントロールできる』鎌田敏著 明日香出版社
・子育てでいちばんたいせつなこと(佐々木正美)
・マーケットでまちを変える(鈴木美央)
・きみと繋がる七不思議(ひみつの放課後委員会1)岡野めぐみ(中央公論新社)
・はじめての哲学的思考(苫野一徳)
・「アンコンシャスバイアス」マネジメント(守屋智敬)(かんき出版)

月に一度、土曜の朝に8分間だけ本を読んで、おしゃべりを楽しみませんか

次回は、11月21日(土)8:00~9:00@Zoomにて▼お申し込みはこちらから!https://www.facebook.com/events/372977893832021/

【レポート】オンライン読書会#2

【オンライン読書会#2開催しました】
9月20日。4連休スタートの朝、爽やかに読書とおしゃべりを楽しみました。

昔持っていた本を読み直したり、仕事に関わる本だったり、友人の旅先を調べるための本だったり、SNSで知った本だったり。本を読もうと思う動機は様々で、それを聞くのも楽しみのひとつ。もちろん、前回の本の続きでもOK。

▼みんなが読んだ本はこちら
自転車は街を救う_水色の自転車の会(新評論)
続 子どもへのまなざし(福音館書店)                  
お母さん業界新聞2020年9月号特集~1205人アンケートコロナ禍の母たちの思い マザーリポート~                      
日本の島ガイド SHIMADAS(公財)日本離島センター     
名画で学ぶ経済の世界史/マガジンハウス

【レポート】オンライン読書会#1

【オンライン読書会#1開催しました】

月に1度。土曜日の朝8時~開催することになったオンライン読書会。    
まだまだ暑さの残る8月29日、第1回目を開催しました。

いつか時間が出来たら読みたいなと思って本棚や、部屋の隅っこに置き去りにされた本や読みたかったあの本、今度仕事で必要なのでもう一度読み返したい本。いろーーーんな本を、読む素敵な時間になりました。読んでないのに、読んだ気持ちになったり、手に取ってみたくなったりなぜ?と質問してみたくなったり。

8分間は自分と本との「静」の時間。
そのあとは、みんなで共有する「動」の時間。

土曜の朝8時からゆっくりエンジンをかけています。

【レポート】「ワタシサイズの一歩」~チームの力を引き出すリーダーシップをめざす~②(佐賀県立男女共同参画センター アバンセ)

2020年2月15日(土)に佐賀県立男女共同参画センターアバンセで、 地域女性リーダー養成セミナー「ワタシサイズの一歩」~チームの力を引き出すリーダーシップをめざす~ で、最終日となる3回目は当法人のメンバーの國武と上原が講師を務めました。

前週につくったストーリーを、参加者のみなさんがそれぞれブラッシュアップしてくることが宿題でした。自己紹介を兼ねてそのストーリーを一人3分ずつグループで共有。3分という短い時間の中で、前の週より時間を守って、より聞き手に伝わるよう自分の価値観や経験を織り込んだストーリーが語られていたようです。

次に國武より「チームの力を引き出すリーダーシップとは」をテーマに、コミュニティ・オーガナイジングで基本となっている、メンバー一人ひとりが力をつけて雪の結晶のように広がっていくスノーフレークリーダーシップについて伝えました。

その後に、参加者のみなさんが今までに経験した「夢のようなチーム」と活動がうまくいかない「叫びたくなるようなチーム」を書き出し、グループ毎に1つずつ発表しました。さらに良いチームのポイントにはどんなところがあるか、その条件、決定などをもとに機能しているチームについて学び、今まで経験したチームには、どの要素があったから夢のようなチームだったのか、どの要素があればもっと良いチームになれたのかを探していきました。

また國武が関わっているプロジェクトである「久留米10万人女子会」について紹介。これまでの活動を、機能するチームの要素に当てはめて振り返ってみると「一人ひとりの得意なことや成長させたい分野に基づいて、役割分担をしていなかった」と気がついたことを話しました。一方で、目的を明確にしていたり、事業計画をつくったり、定期的にミーティングを開催したりできていることも伝えました。

もう一つ、私たち「cocochange」の設立までの経緯や活動について上原から話をしました。その中で、団体運営していくときに抱えてきた課題やその課題にどう対処していったのかを具体的に紹介。定期的にミーティングをしたり、共有する目的を見直しながら丁寧につくったり、みんなで目的をイメージしながらロゴを考えたり、メンバー間の約束事をつくり守っていくことなど、チームが機能する要素をいかしながら活動を進めてきたことを伝えました。

最後にみなさんと円になって、今回の講座を受講して学びになったこと、気づいたことなどについて一言ずつ話をしていただきました。「うまくいっているチーム、その要素を改めて確認できた」「関わっているメンバーと意見が違って悩むこともあるが、ヒントになることが見つかったので良かった」などの感想が寄せられました。

【レポート】「ワタシサイズの一歩」~チームの力を引き出すリーダーシップをめざす~①(佐賀県立男女共同参画センター アバンセ)

佐賀県立男女共同参画センター「アバンセ」からのご依頼で、 地域女性リーダー養成セミナー「ワタシサイズの一歩」~チームの力を引き出すリーダーシップをめざす~ の連続講座にお招きいただきました。前週の2020年2月1日は、コミュニティ・オーガナイジングの参加メンバーでもある井上智美さんにより「ワタシサイズの私の生き方」をテーマに講義が開催されました。キャリアトランプも用いて改めて自分自身を見つめなおす機会となったようです。

そして、今回2月8日は「ワタシの3分ストーリーを考える」をテーマに、coco change山本と尊田で講座を担当しました。

参加者、女性18名。年齢も若者から経験豊富な先輩方まで様々な年齢の方々にご参加いただきました。先月の佐賀市民活動プラザ講座参加の方も数名おられ、嬉しく感じました。

 まずは、ワークシートを使ってお互いの自己紹介。皆さんのドキドキワクワク…「今日、ここに来た理由」が始まります。

 尊田からは「今、わたしがこの活動を続けている」原体験やそこから生み出された今の価値観についてストーリー形式でご紹介。スイミーを用いたコミュニティ・オーガナイジングの概要や歴史をお伝えしました。

続いて山本からも、現在の様々な活動と対照的に子どもの頃の控えめな姿、学生時代に抱えた思い、そこから生み出された今の価値観についてストーリー形式で紹介しました。

 ここからは、今回のテーマである「3分ストーリー」に入れたい要素について理論を交えて学びました。理論的な理解と感情的な理解を組み合わせて、初めて人は動くというポイント、価値観とは何かについて確認しました。

 価値観は感情を通じて伝わり、感情が行動に影響を与える。行動を邪魔する感情を、行動につなげる感情に変える要素を学びました。話の筋の場面では、最近、山本家の受験生に起きた困難について、具体的なエピソードを盛り込んで紹介。思わず参加者からのどよめきが起こりました。

 良いストーリーのお手本動画を見ながら、自分たちが何に気づいたか、どう感じたかについて意見交換。その後、モデルとして上原の3分ストーリーを聞き、3分で自分の伝えたい価値観が届く構造について体験し、どの部分が感情に響いたのかについて全体で共有しました。

 特に、coco changeからは、「自分が今、活動していない・・・けれど、今日をきっかけに自分が何を大切に生きているのかを何度も書き起こして、自分の軸を探していく。その軸を基に自分が今度は伝える・活動する側になっていく」という期待について伝えました。

いよいよ、3分ストーリーを語る時間!

 「楽しいことが大切」「人とのつながりに救われた」「性別によって機会が奪われないようにしたい」などなど、自身の体験を基に、価値観を語る練習をチャレンジしました。

 まずは、自転車に乗ってみる。自身を見つめなおす機会にすることの大切さを確認する時間となりました。

 「一人ひとりが個性や価値観を持っていて、一人の大人として持っていることが大切がという気づき、話を聞いてもらえるって心地いい。」「価値観を考えるっていうこと、行動するときには価値観があって判断しているということに気づけた。」「自分を話すって緊張するけれど、自分のことをわかってもらわないとチームづくり、戦略に結びつかないと思った」という嬉しい感想をいただきました。