ワークショップ事業

コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップの開催・運営をします。

コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップ は普通のひとびとが立ち上がり、そのそれぞれの力をコミュニティのために結集し、 社会の仕組みを変えていくリーダーシップを育むためのワークショップです。

コミュニティ・オーガナイジング とは?
コミュニティ・オーガナイジング(Community Organizing)は、市民の力で自分たちの社会を変えていくための方法であり考え方です。
オーガナイジングとは、人々と関係を作り、物語を語り立ち向かう勇気をえて、人々の資源をパワーに変える戦略をもってアクションを起こし、広がりのある組織を作りあげていくことで社会に変化を起こすことです。 
>>参照:コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン

コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップが開催されるようになった背景

2008年、米国初の黒人大統領(オバマ大統領)が誕生しました。今まで投票に行かなかった若者や黒人、ラティーノ(中南米からの移民)といった人々が投票に行った事が一つの大きな勝因と言われています。その陰にはコミュニティ・オーガナイジング(Community Organizing)の手法を取り入れた選挙活動がありました。選挙参謀として戦略を立てたのが、ハーバード大学でオーガナイジングを教えるマーシャル・ガンツ博士です。

オバマ大統領を誕生させたボランティアを育成した活動に「キャンプ・オバマ」というものがありました。選挙後にこのキャンプの内容を精緻にし、様々な社会課題へ取り組むことにも使えるようにしたのが「コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップ」です。

参加者の皆さんは、このワークショップを通じて実際にオーガナイジング・キャンペーンを立ち上げながら、オーガナイジングにおける5つの基本的なリーダーシップを学んでいきます。

参加対象者

・NPOのリーダー、職員、ボランティア等
・社会福祉法人役職員(コミュニティ・ソーシャル・ワーカー等)
・企業CSR担当者
・労働組合役職員
・協同組合役職員
・市民活動のコーディネーター
・まちづくりに取り組む方々
・大学生
など

ワークショップの内容

ワークショップは、モジュール(5つのリーダーシップ)ごとに講義、演習、振返りを繰り返しながら進みます。

  1. 人々を行動に動かすための語り方
  2. 信頼関係の構築方法
  3. チーム構成の方法
  4. 戦略作りの手法
  5. アクション

ワークショップの受講によって、参加者が5つのリーダーシップを自分自身のコミュニティで教え、さらに活動を広げることができるようになることを目指します。

ワークショップは「手法についての講義」、「少人数でのグループワーク」と「振返り」で構成されます。この教授方法で自分の持つスキルを用いて他人と協働することを学び、自身の経験から効果的に学ぶ技術を身につけます。

>>参照:コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン

開催レポート

最新のワークショップ開催レポートはこちら

第4回コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップIN久留米
開催日:2017年12月17-18日 
開催地:聖マリア学院大学
主催:コミュニティ・オーガナイジング・久留米(現NPO法人coco change)
http://communityorganizing.jp/workshop/report/kurume4th/


第3回コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップIN久留米
開催日:2017年9月2日―3日 
開催地:久留米大学御井キャンパス
主催:コミュニティ・オーガナイジング・久留米(現NPO法人coco change)
http://communityorganizing.jp/workshop/kurume3th/

第2回コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップIN久留米
開催日:2017年3月11日―12日 
開催地:久留米大学御井キャンパス
主催:コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン
http://communityorganizing.jp/workshop/kurume2th/


第1回コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップIN久留米
開催日:2016年9月1日-2日 
開催地:久留米大学御井キャンパス
主催:コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン
http://communityorganizing.jp/workshop/kurume/