【レポート】coco changeさわやかミーティング

クレイジーな陽射しに包まれて

今日は8時からcocoミーティング。
今から出勤の人、コワーキングスペースに着いたばかりの人、寝不足の人…。
9時までの1時間!と決めて臨んだ朝。

Keep(良いところ)・Problem(課題)・Try(チャレンジしたいこと)
cocoの活動をKPTに分けて見える化していったら、会話が弾む弾む。

・その中で、コロナ禍でも月2回のミーティングを続けてきたこと。
・毎回何かひとつは意思決定をしていること。
・こうなったら楽しいんじゃない?進化するんじゃない?という発想で。
・HPやFBの情報も更新してきたよ。

これって、いろんな団体が活動する中でも、きっと大切なことだよねと
気づきました。

そして、ちゃーんと定例会の開催日時をchangeしました!

クレイジーだねぇとも良く言われますが、
今後ともcoco changeを応援いただきますよう、よろしくお願いします。

【レポート】cocoの部屋#2〜ストーリー・オブ・セルフ話してますか〜

3月27日に2回目となるcocoの部屋を開催しました!
今回はcocoのメンバーと読書会から続けて参加をしてくれた方、合計6名での開催でした。
今回は、「ストーリーオブセルフ使ってますか?」
というテーマだけど、セルフを”長い自己紹介”と置き換えて、緩やかにスタート。
長年活動している団体さんが代替わりもあって、段々活動目的がぼやけてきて、さらにやらされ感になってしまって…というお悩み。
参加者さんから
「それが叶った時の気持ちを2分間それぞれ考えてみて発表してみたら?」というアドバイスに、cocoメンバーも「おぉー!」とどよめき。
それなら、短い時間でも気持ちを高め合える!
あわせて、長い自己紹介をしてうまくいった例などもおしゃべりしました。
おしゃべりしているうちに、先ほどのお悩みが解決しそうな、意外な結び付きが見つかったり☆。
こんな感じで緩やかに過ごしました~。

【レポート】cocoの部屋#1cocoの部屋#1〜コーチングについてダラダラお喋り〜

2021年2月23日(祝)、テーマを設定してゆるーくお話してみよう と「cocoの部屋」がスタートしました!

テーマは「コーチング」

ファシリテーターは井上が担当。 自己紹介を兼ねたアイスブレイクでは、「コーチングってそもそも何?」「相手に質問したいのに自分の話が長くなってしまう」「思わずティーチングしてしまう」などの話がでました。

 コーチングの始め方としては、「職場で『これからコーチングしますよ』とは自分のスキルに自信がなくて言いにくい」「自然な会話の中でコーチングしている」という意見と、「コーチングモードにならないと課題を見出す質問をするのは難しい」「質問された方も自然な会話と比べて違和感を覚えるのでは」などの意見が出ました。

 確かにコーチングを受けるつもりがない人に質問と言い換え(パラフレーズ)をすると、戸惑われそうです。また相手の方と関係性が築けていない中ではコーチングするのも難しい・・・。そこでファシリテーターが、初対面の方とコーチングする際に、まずコーチングの手法を丁寧に伝えてから始めたという経験談を語りました。

コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップのコーチングでは、質問することによって、頭(戦略)、心(動機)、手(手法)のどこに課題があるか見つけていきます。

①観察、②診断、③介入、④共有と振り返り、⑤モニタリングと基本のプロセスもあります。

参加者からは「さまざまな場面でコーチングを実践してみたい」「コーチングしている場面をみて勉強したい」などの感想が寄せられました。

次回の「cocoの部屋#2」は、2021年3月27日(土)9:30~10:30を予定しています。お楽しみに!

※「コーチング」に興味がある方は、こちらのコミュニティ・オーガナイジング・ジャパンのワークショップガイドブックもご覧ください。